賃貸住宅に住んでいる場合の水漏れ修理

賃貸住宅に住んでいる人もいると思いますが、もし水漏れが発生した場合、大家に頼めば修理業者に連絡をして、対応してくれる場合が殆どです。無理に触って酷くしてしまうと、自腹で対応しなければいけなくなるので、まずは大家に連絡するのが基本です。

■自分で直せそうでも大家に連絡をする

賃貸住宅に住んでいる場合には、大家に連絡をすることで水漏れの修理にも対応してくれる場合が多いでしょう。簡単な修理で直せそうな場合は自分でなんとかしようと思ってしまいますが、水漏れを悪化させてしまった場合には、自分で料金を支払って業者に直してもらうようになることもあります。このような事態にならないように、自分で直せそうでも大家に連絡をした方が賢明でしょう。


■大家がいない場合には不動産屋に連絡

水漏れが発生して大家に連絡をしたら留守だった場合には、仲介をしている不動産屋に連絡をしましょう。不動産屋が対応してくれる場合もあります。中には不動産屋が大家をしていることもありますが、このような場合には365日対応している場合がほとんどです。まず連絡がつかなくなることはありません。個人で賃貸住宅を運営している場合には、不動産屋に任せている場合や仲介を頼んでいることが多いので、不動産屋でも対応してくれることが多いのです。

■まとめ
自分が所持している家であれば、必ず自分で修理代を支払うようになるので、簡単な修理なら自分ですることもあるでしょう。しかし賃貸住宅の場合には、大家が修理代を持ってくれることが多くなっています。無理にいじらずに、大家に連絡をして対応してもらうのが無難です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ