自分で行える水漏れ修理

自分で行える水漏れ修理 通常水漏れが発生した場合には、専門の業者に依頼して修理をしてもらいます。なぜなら自分で原因を特定するのは難しいですし、逆に水漏れを酷くしてしまう可能性があるからです。道具も技術もなければ修理をするのが難しいのですが、場合によっては自分で行えることもあります。例えばパッキンが原因で水漏れを起こしていたとしましょう。このような場合にはホームセンターなどでパッキンを購入し、水道の元を止めて交換すれば改善することができるのです。ホームセンターには水道の修理をするために必要な工具も売っているので、事前に揃えておけば業者に依頼しないでも改善することが可能になります。もちろん自分で行う場合には自己責任になります。

■自宅の水道の種類を確認

自分で水漏れの修理を行う場合には、実際にトラブルが発生してからでは手遅れです。いつでも修理ができるように、事前に道具を買い揃えておきましょう。重要なのはどのような道具を揃えておくべきなのかという点です。これがわからなければ何も意味がありません。最初に行うべきことは、自宅の水道の特徴を知っておきましょう。自宅の蛇口がどのようになっているのかを知らなければ、道具を購入することはできません。重要になるのは壁付けのタイプか台付けのタイプであるかです。さらにツーハンドルなのか、シングルレバーなのか、サーモスタットなのかも確認しておきましょう。蛇口の口径も調べておく必要があります。最低でもこれだけ知らないと、必要な道具を買い揃えることはできません。

■まずは工具類を購入しておく
水漏れの修理をするためには、工具を用意しておく必要があります。便利なのはモンキーレンチです。なぜなら幅を自由に変えることができるので、ナット類の開け閉めをするには最適なのです。スパナでは役に立ちません。モンキーレンチ以外にも、ウォーターポンププライヤーにプラスマイナスのドライバーを購入しておきましょう。最低でもこれだけは揃えておかないと、自分で作業をすることはできません。他にもあると便利な工具が存在しているのですが、中には比較的高価な工具類も存在しています。しかし、あまり高価な工具を揃えなくても修理は可能なので、必要最低限の工具だけで問題はないでしょう。できればワイヤーブラシがあると、配管のつまりなどを解消できる場合があるので便利です。

■水道に使用する部品を購入する

工具類を一通り揃えたら、今度は交換部品を揃えます。水道蛇口に使用されている部品の中には消耗品もあります。例えばパッキンなどが当てはまるでしょう。パッキンはホームセンターやインターネット上のオンラインショップなどでも購入できます。それほど値段も高くないので、購入しやすいでしょう。パッキンだけでも複数の種類が存在しているので、事前の確認も必要です。他にも逆止弁やロックナットなどを購入しておくとよいのですが、これらの部品はそう簡単に壊れることはありません。開閉バルブと水道蛇口に使用するパッキンを購入しておけば、対応できる場合が多いと言えるでしょう。無理をして揃えるのではなく、必要不可欠な物に絞って揃えておき、それでも給湯器 水漏れなど修理が難しい場合には、無理に自分で解決しようとせずに業者に依頼するべきです。

■まとめ
水漏れを直すのは自分でも可能です。ただし、どこが原因で水漏れが発生しているのかにもよりますし、自分の技術力にもよるでしょう。無理をして余計酷くなってしまう場合もあるので、無理だと思ったらその場で止めておき、業者に依頼した方が無難です。修理に使用する工具類と交換部品を購入し、どのような水漏れなら自分で改善できるのかを知っておく必要もあるでしょう。そうすれば余計なことをして酷くなる心配も少なくなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース